超簡単!会社などのロゴ作成を格安&効率的に依頼する方法

会社のロゴ作成依頼

「新しく会社を設立するんだけど、ロゴ作成ってどうやって依頼したらいいんだろう…」

「デザイン会社にロゴ作成の見積もりをしてもらったけど、目玉が飛び出るほど高額だった」

そんなあなたには、クラウドワークスでコンペを開催するのが断然おすすめ!

2万円ほどの少額でも、超素敵なデザインを多数提案してもらえます

マネー会議

↑会社ではないのですが、このサイト「マネー会議」のロゴもクラウドワークスでコンペを開催して作成していただきました。

「コンペってどうやって開催するの?」「なんだか難しそう…」という方でも、コンシェルジュが無料サポートしてくれるので超簡単に発注できちゃいます

ロゴ作成依頼をするなら、クラウドワークスを利用するのが最もおすすめですよ。

会社ロゴ作成を無料ソフトに頼ってはいけない理由

手作り感満載なダサいロゴで大丈夫?

「なるべく予算をかけたくないから、無料ソフトで自分で作っちゃお〜」というそこのアナタ!

元々デザイナーでデザイン事務所を設立する場合を除き、自分でロゴ作成するのは本当にやめたほうがいいです。

ロゴって、名刺・公式サイト・看板など色んなところに載せるわけですから、当然お客さんも目にします。

名刺交換の際に手作り感満載なダサいロゴが載っていたら、もうその時点でナメられる or 不信感MAXになっちゃいますよね。

また、無料ツールで作成したらその辺の個人ブログと全く同じデザインなんてことも十分にありえます。

キャバクラとかで「ワイ、社長やで」と名刺をカッコよく差し出しても、「このロゴ、〇〇くんのブログと同じだぁ〜www」なんてことになったら、なかなかの悲劇です。

「とりあえず自分でロゴ作成」はそれこそ危険

「そんなら最初はとりあえず自分でロゴ作成して、余裕が出てきたらデザイナーさんにお願いしよう」なんていうのも、それこそおすすめできません。

せっかく一定期間そのロゴを使用して認知度も上がってきた頃に、いきなりロゴが変わってしまったら「あれ、こないだと違う会社なのかな?」なんてお客さんも困惑してしまいます。

認知度が下がらないよう、元々のデザインを基調にアレンジを依頼したとしても、基となるデザインがダサかったらプロでもお手上げです。

私自身、「ロゴ作成費用をケチって自分で作成→お客さんが困惑しないよう一新ではなくアレンジを依頼」ということもしたことがあるのですが、デザイナーさんも気を使ってダサい要素を残してくれちゃったりするんですよね。

上記を考慮すると、自分でロゴ作成するメリットはまるで無いです。

かっこいい or かわいい会社ロゴも複数提案してもらえる

とはいえ、直接個人のデザイナーさんやデザイナー会社に頼んでも、複数案を提案してもらうと結構な料金が発生します。

そもそも、自分のイメージと全くテイストが違うってことになったら、修正だけでは追いつかないですし、断るにも断りにくくなってしまいます

一方、クラウドワークスなら複数のデザイナーさんが複数のロゴを提案してくれるので、その中から気に入ったデザインを選んで、(必要であれば)微調整の依頼をするだけでOK。

「クラウドソーシングって、あんまりいいデザインが集まらなさそう」なんて思う方もいるかもしれませんが、きっと想像以上にハイクオリティなロゴを提案してもらえますよ。

実は私も最初はさほど期待していなかったのですが、今後はロゴ作成の際にクラウドワークスのロゴコンペを多用する予定です。

ロゴ作成のコンペを簡単に開催する方法

「コンペって難しそうだけど、どうやって準備したらいいの?」って話ですが、クラウドワークスではCWコンシェルジュという発注サポートが無料で受けられます

予約するとコンシェルジュから電話がかかってくるので、希望するロゴイメージを伝えればコンペの募集文面も作成してくれます

ちなみにこの「マネー会議」のロゴコンペの際も、コンシェルジュに相談して文面を作ってもらいました。

ロゴのイメージって文章ではなかなか伝えづらいですが、コンシェルジュがちゃんとくみ取って必要な情報を質問してくれるので、デザインの知識が全く無くても大丈夫。

10分くらい電話のやり取りをするだけで、簡単にコンペが開催できます。

まとめ:ロゴ作成はクラウドワークスのコンペが最強

デザイナーさんに個別に依頼すると何かと不都合が起きやすいですが、コンペだと色んなデザイナーさんが違った角度からロゴを提案してくれるので、本当にありがたいです。

ちなみにもし提案の中に希望に沿ったデザインがなかったら、全て不採用ということも可能。その場合は料金も返金されます。

会社用に限らず、これからロゴ作成を依頼する場合はクラウドワークスでコンペを開催してみましょう。

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました