え、nanacoがまた改悪…?今後は税金・公共料金が支払えなくなるのか?

1.5
nanacoでの税金支払い
nanaco利用者

結論からお伝えすると、nanacoではまだ今のところ税金や公共料金(電気代・ガス代)は支払えます

nanacoってもともと税金などの支払いではポイントが貯まらないんですが、クレジットカードからチャージすることで、一部のクレカではクレジットポイントが貯まるんですよね。

まだ税金・公共料金もお得に支払えるものの、nanacoは改悪に次ぐ改悪を繰り返しまくっているため注意が必要です。

nanacoでは税金・公共料金が払えない?これまでの改悪まとめ

2019年6月の改悪:一部支払いが対象外に

2019年6月には、超重要なポイントをボカしまくったアナウンスで「税金・公共料金が支払えなくなる」とネット上が騒然としました。

以下、nanaco公式サイトからのお知らせです。

2019年6月下旬より、物品またはサービス以外については、セブン‐イレブン店舗において、「nanaco」でお支払いただけない場合がございますので、ご了承ください。

当初、税金や公共料金については何も言及されておらず、さらにnanacoカスタマーセンターの回答もバラバラでTwitterなどでプチ炎上しました。

このように、税金や公共料金はnanaco支払いOKとの回答を受けた人もいれば…

公共料金もダメという回答を受けた人もいます。

ちなみに、nanaco公式アカウントは、これだけTwitterで話題になっているにもかかわらず、ガン無視ナナコクイズを出してる始末。

そして絶賛炎上中の6月25日、nanacoのお知らせ欄に下記の文言がしれっと追記されていました。

なお、nanacoでの税金のお支払いに関しては、現在のところ特段の変更予定はございません。

また、その上の文言も当初から微妙に修正されていました。

2019年6月下旬より、順次セブン‐イレブン店舗において物品またはサービス以外は「nanaco」でお支払いいただけない場合がございますのでご了承ください。

こんだけ話題になってるんだから、こっそり追記とかじゃなくてちゃんとアナウンスした方がいいじゃない?って感じですよね。

やはり「現在のところ」「特段の」なんてぼんやりした表現ですし、公共料金についての言及はありませんでした。

2019年12月の改悪:さらに支払い対象が減少

その約半年後の2019年11月25日、さらなる改悪についてアナウンスがありました。

2019年12月20日(金)より、下記の商品・サービスについては「nanaco」でのお支払いが出来ませんのでご了承ください。

  • セブン‐イレブンにおける収納代行サービスの一部(現金ではお支払いいただけます)
  • 寄付(ふるさと納税を含む)、募金、貸付金(ローン、融資等)の返済、クレジットカードご利用代金(ショッピング・キャッシング)の返済等

なお、税金、公共料金(電気・ガス・電話など)については引き続き「nanaco」でのお支払いをご利用いただけます。

今回については、日時も明確(前回は「下旬」などのボンヤリした内容)ですし、税金や公共料金については支払えると明記されています。

ただ、nanacoの利用範囲はどんどん狭まってきてますし、利用価値はあんまりないんじゃ…って感じです。

2020年3月の改悪:対象クレカが一部のみに

そして極め付けはコレ。これまではリクルートカードなどでもチャージができましたが、2020年3月12日からは新規登録の場合は下記のクレジットカードでしかチャージできなくなりました。

  • セブンカード・プラス【一体型・紐付型】
  • セブンカード・プラス(ゴールド)【一体型・紐付型】
  • セブンカード
  • セブンカード(ゴールド) 

nanacoはポイント還元率も改悪

ちなみに、これまでnanacoポイントの還元率は100円につき1ポイントでしたが、2019年7月以降は還元率が半分の200円につき1ポイントになっちゃいました。

正直なところ、もうnanacoを使う意味ないんでは?って声が噴出中です

まとめ:nanacoでの税金・公共料金の支払いは今のところOK

ポイント還元率が半減しただけならまだしも、改悪を繰り返し過ぎてnanacoの信頼度は完全に失墜した感じですね。

とりあえず、こんな対応の電子マネーに頼り続けるのは怖いんで、私は脱nanacoを図りたいと思います

これまで、「nanacoのクレジットチャージでポイントが貯まるから」という理由だけで、無理してリクルートカードなどを使っていた方は、この機会により使いやすいクレジットカードに乗り換えてしまうのもおすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました