【徹底比較】青色確定申告ソフトはこれがおすすめ【無料あり】

確定申告ソフト比較

確定申告ソフトって色んな種類があるので、どれを選んだらいいか迷っちゃいますよね。

結論からお伝えすると、価格を重視するなら最初の1年間は無料で利用できるやよいの青色申告オンライン機能性を重視するなら仕訳の一括編集などもできるマネーフォワードクラウド確定申告がおすすめです。

やよいの青色申告オンライン、マネードワードクラウド確定申告ともに、実際に使ってみて感じたメリット・デメリットを解説します!

おすすめ確定申告ソフト1.「やよいの青色申告オンライン」

おすすめの確定申告ソフト

やよいの青色申告オンラインのメリット・デメリットは次の通り。

  • 「弥生〜」シリーズが多すぎて使い方が分かりづらい
  • 最初の1年間は無料で利用できる
  • 弥生関連ソフトは使いこなせる税理士が多い

やよいの青色申告オンラインのデメリット・短所

弥生シリーズが多すぎて使い方が分かりづらい

弥生会計シリーズ

弥生シリーズってめっちゃ種類が多いので、使い方をググってみても弥生会計とかやよいの白色オンラインとかの情報もバンバン出てきちゃうんですよね…。

あと、弥生会計や青色申告に関してはオンラインだけでなくパッケージ版も存在し、微妙に使い方も異なるので、何か疑問点があって調べてみても求めている情報にたどり着くまで結構時間がかかります。

とはいえ、やよいの青色申告オンラインのデメリットはこのくらい。次にメリットについてもみていきましょう

やよいの青色申告オンラインのメリット・長所

最初の1年間は無料で利用できる

やよいの青色申告オンラインって、最初の1年は無料で利用できちゃうんですよね。

他社の場合は「50仕訳までなら無料」みたいなところもありますが、すぐに仕訳がいっぱいになって結局半年も経たず有料プランに切り替えることになってしまいます。

やよいの青色申告オンラインなら1年間じっくり使うことができるので、確定申告が初めての人でも安心ですよ。

しかも、1年経って有料になっても、マネーフォワードクラウドよりも断然安いです

弥生シリーズは使いこなせる税理士が多い

弥生会計など、弥生製品をメインに使っている税理士さんって結構多いんですよね。

私の顧問税理士も弥生シリーズをメインに使っていて、「他の確定申告ソフトだと使いづらいんで、よかったら乗り換えてもらえませんか?」と相談されたこともあり、やよいの青色申告に乗り換えました。

確定申告ソフトの乗り換えってだいぶ手間がかかるイメージだったんですが(実際は意外と簡単だった)、1年間は無料で使えるのでいいかなって感じで導入を決意しました。

おすすめ確定申告ソフト2.「マネーフォワードクラウド確定申告」

マネーフォワードクラウド確定申告

マネーフォワードクラウド確定申告からやよいの青色申告オンラインに乗りかえた私ですが、乗りかえたことで分かったメリット・デメリットもあります。

  • 確定申告だけの利用だと割高
  • 仕訳の一括編集ができる
  • 仕訳にナンバーが振られている
  • 銀行口座やクレッジットカード連携が早くて安定している

マネーフォワードクラウド確定申告のデメリット・短所

確定申告だけだと割高

マネーフォワードクラウド確定申告って、2019年6月に大幅値上げしたんですよね。

これまで数年使ってきて慣れていたんで、値上げさえなければそのまま使い続けていたかもしれないですが…。

ざっくり説明すると、色んな製品をくっつけてパッケージ化しちゃった感じなので、確定申告だけしたい場合はだいぶ割高です

あと、これまで色んな税理士さんとお話ししてきましたが、マネーフォワードクラウドを使っている税理士さんは一人もいなかったです。

ただ、そんなマネーフォワードクラウド確定申告にも、やよいの青色申告オンラインにはないメリットも多数存在します

マネーフォワードクラウド確定申告のメリット・長所

仕訳の一括編集ができる

マネーフォワードクラウド確定申告では、複数の仕訳にチェックを入れて一括で修正することができます。

「え、そんなのどこの確定申告ソフトでもできるんじゃないの?」なんて思うかもしれませんが、やよいの青色申告オンラインでは仕訳の一括編集ができないんですよね…。

「やよいの青色申告 仕訳 一括編集」とかで検索すると一括編集の仕方が出てくるんですが、これはやよいの青色申告オンラインの説明ではなく、会計ソフトの弥生会計の説明です。

Q. 間違って登録した取引の勘定科目を一括で変更できますか?

A. 複数の登録した取引を一括で変更することはできません。[取引の一覧]で変更したい取引を1件ずつ選択して、変更してください。

これ、長年マネーフォワードクラウド確定申告を使ってきた私にとっては、かなりの衝撃でした。

まだ確定申告に慣れていない場合、「あ、これずっと勘定項目間違えてたわ」とか「借方勘定と貸方勘定ひっくり返して仕訳してた…」なんてこともあるかと思いますが、仕訳件数が多いと一件ずつ修正するのはマジで地獄です

その点、マネーフォワードクラウド確定申告ならサクッと一括編集ができるので、使っていて安心感があります。

仕訳にナンバーが振られている

これもやよいの青色申告オンラインにはない機能なのですが、マネーフォワードクラウド確定申告ではそれぞれの仕訳にナンバーが振られています

これも地味に便利でして、レシートがごちゃごちゃにならないように裏面にナンバーをメモしておくなんてこともできます。

銀行・クレッジットカード連携が早くて安定している

マネーフォワードクラウド確定申告は、銀行やクレジットカードの連携もめちゃ早い&安定しています。

やよいの青色申告オンラインは反映されるのが遅いですし、わりと頻繁にエラーが発生します。

上記のメリット・デメリットを総合すると、多少料金が高かったとしても機能性を重視するならマネーフォワードクラウド確定申告がおすすめです

確定申告ソフトの「使いやすさ」とは?

たまに「初心者でも使いやすい」みたいな評判を聞く確定申告ソフトもあるんですが、単に表示項目が少なかったり、管理画面のデザインがポップな感じだったりするだけでは…?と思います。

私は数年前に初めて確定申告ソフトを導入するとき、freeeも検討していたのですが、知り合いの税理士さんから「freeeは最初は使いやすく感じるかもしれないけど、多少会計の知識が身についたらむしろ使いづらい」とアドバイスを受けて導入をやめました。

正直、確定申告ソフトはどれを使っても、使い続けたらそれが一番使いやすくなるって感じじゃないでしょうか

おそらく一度使い始めたら乗り換える人もさほど多くないので、各社とも最初は無料で提供して顧客を囲い込んでるのでしょう。

私もやよいの青色申告に乗り換えたばかりのときは、「なんじゃこれ使いづら〜!」なんて思いましたが、1か月ほどで「あ、こっちもなかなかいい感じですね」ってなりました。

おすすめ確定申告ソフト まとめ

「そんなに仕訳件数が多くない」「なるべく安いソフトがいい」という方には、やよいの青色申告オンラインがおすすめです。

弥生シリーズに慣れておけば、もし個人事業主から法人成りするときも弥生会計にスムーズに移行できるかと思います。

一方、「仕訳件数が多い」「なるべく効率的に仕訳がしたい」という場合は、マネーフォワードクラウド確定申告がおすすめですよ。

おまけ:【個人事業主向け】税理士に相談・丸投げする流れ

「税金のことなんて全然わからないし、もう自分じゃ手に負えない…」「もう確定申告ソフトを探すのやめて、税理士にお願いしよう!」と思っても、税理士選びって想像以上に大変なんですよね。

私は自分自身が税理士を探す前までは、「2〜3人くらいに見積もりもらって、サクッと決めちゃお」なんて思っていましたが、現実にはそうもいきませんでした

実際に税理士選びから依頼までを経験した個人事業主の私が、下記のポイントについて解説します。

  • 税理士選びのコツやポイント
  • 要望にあった税理士を簡単に探す方法

税理士の選び方

結論からお伝えすると、税理士を探すなら税理士ドットコムに相談するのが一番手っ取り早くて確実です

日本税理士会連合会ってとこも一応税理士情報検索サイトっていうのを用意してくれてるんですが、いつの時代に作ったの?!ってくらい使いづらいです。

一方、税理士ドットコムなら、今現在の状況や要望を伝えるだけでピッタリな税理士を無料で紹介してくれます

税理士への相談

税理士に顧問を依頼するってなると、当然ながら事業の経営状況とかもまるっと伝えることになるんですね。

会計ソフトとかもチェックしてもらうことになるので、どこにどれだけのお金が入って出ていったか一目瞭然

特に個人事業主で銀行口座やクレジットカードを確定申告ソフトと連携している場合、ちゃんと個人用と事業用できっちり分けていないとプライベートも丸見えです。

「この税理士なら安心して任せられる」っていう信頼感って、めちゃめちゃ大切なんです

「んなこと言っても、さすがに税理士大先生なんだから守秘義務くらいちゃんと守るでしょ」と思っていたら大間違い。

私は顧問税理士を決める際に何人かの税理士さんとお話ししたんですが、初対面なのに結構他の業者の経営状況とか話してくる人多いんですよね。

まぁ税理士さんとしては悪気はないんでしょうが、具体的な個人名や会社名を出さなくても

「〇〇業界で稼いでる20代の若い子がいるんだけど、その子は顧問料〇〇円でやってますねぇ」

「〇〇業界で年収1億円の社長さん顧問してるんですけどね〜、その社長さんが…」

みたいな話をバンバンされたら、狭い業界かつ地方都市だとだいたいどこ業者の話ししてるのかちょっと調べれば検討ついちゃうんですよね。

よほど長い付き合いで信頼関係が出来上がっていて、その状況でほんのちょっとだけポロリ…とかならまだ分かるんですが、付き合いが浅いのに他の業者(しかも同業種)の話をベラベラ喋りまくる税理士は本当にやめておいた方がいいです

私自身、顧問税理士を実際に探してみて初めて気がついたんですが、税理士って本当に色んな人がいてクセが強い人も少なくないんですよ。

クセの強い人が多いレベルでいったら、公立学校の先生くらいかその上じゃないでしょうか。

学生時代、子どもながらに「こいつマジやばいな」って感じる教師いませんでした?

先生ってだけで偉い気になってる教師とか、専門教科の知識が無さすぎる教師とか。

その一方で、めちゃめちゃ生徒想いの先生とか、見た目は冴えないけど教え方がめちゃ上手な先生とかもいたりして、本当に誰が担任や教科担当になるかって学生時代でめちゃ重要でしたよね。

税理士もそんな感じで、平均年齢が高い&一般企業に勤めたことがない人も少なくないこともあってか、当たり外れの幅が非常に大きいです。

複数の税理士と面談するなら、まずは税理士ドットコムに相談してみましょう。要望にあった税理士を無料で紹介してくれます

私は自分で探したこともあるのですが、これは本当に膨大な時間と労力がかかるので全くおすすめできません

直接連絡して話を聞くと、断るときもなんか気まずいですしね…。

税理士ドットコムは要望に合った税理士を複数人紹介してくれて、実際に面談してみて「イマイチだな…」ってことになっても、うまいことお断りの連絡をしてくれます。

しかも、税理士ドットコム側が紹介できそうな税理士をある程度フィルターにかけてくれているのか、クセの強い税理士も少ない印象でした。

ちなみに、税理士ドットコムのような税理士紹介サービスは他にもいくつかあるのですが、登録している税理士がめちゃくちゃ少ないゴリゴリの営業をしてくるところが多いので、登録するだけムダ…というか、むしろ足かせになってしまうかと思います。

それこそ、「ピッタリの税理士が見つかったので、もうこの税理士で決めてくださいね!」って感じなので、ミスマッチも多いんじゃないでしょうか。

ちなみに私は税理士ドットコムのほかに2つの紹介サービスに登録してみましたが、いずれもお断りの瞬間に態度が急変して電話ガチャ切りされました。笑

特に税理士紹介エージェント(パスクリエイト株式会社)とかいう業者は、登録税理士クッソ少ない対応も最悪だったので、マジでやめた方がいいです。

もはや、あんな業者に名前や住所、売上高などの経営状況を晒してしまったことさえ心から後悔するレベルです。

一方、税理士ドットコムの担当者さんは嫌な顔一つせず複数人との面談もセッティングしてくれて、さらに顧問が決まった後のフォローアップまでしてくれています。

丸投げする税理士を探すなら、真っ先に税理士ドットコムに相談してみましょう

タイトルとURLをコピーしました