NISA(ニーサ)とは?つみたてNISAとの違いもわかりやすく解説

NISAとは

NISA(ニーサ)って最近よく聞くけど…どんなメリットがあるの?iDeCo(イデコ)との違いは?」って気になっている方も多いのでは?

NISAのメリット・デメリットおすすめの始め方も詳しく解説します!

NISA(ニーサ)とは?

NISAとは、投資で得た利益が非課税になる制度のこと。

一般的な投資方法では、せっかく利益を得ても税金で約20%も差し引かれてしまいますが、NISAでは税金が免除されます

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。

NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。

出典:NISA特設ウェブサイト|金融庁

ただしiDeCoとは異なり、NISAでは掛け金が所得控除の対象にはなりません。

元々投資をしている方や投資をしてみたい方にとっては節税のメリットがありますが、投資にはあまり興味はなく節税メインの金融商品を探している方には、iDeCoの方が向いています。

ただ、iDeCoはNISAよりも自由度が低く、60歳にならないとお金が引き出せないので気をつけてくださいね。

上記の条件を踏まえると、NISAは次のような方におすすめです。

  • 既に株式や投資信託などの投資をしている or これから始めようと思っている
  • なるべく税金を抑えてお得に投資や資産運用がしたい

「NISA」と「つみたてNISA」の違い

一般的な「NISA」と「つみたてNISA」は、どちらか一方しか口座開設できません

メリット・デメリットを考慮した上で、夫婦でそれぞれ「NISA」と「つみたてNISA」の口座を開設するのもひとつの方法です。

私は独身でつみたてNISAを運用していますので、一般NISAを運用していらっしゃる独身女性の方、ぜひ結婚してください。

非課税期間

  • NISA : 5年(ただしロールオーバー可)
  • つみたてNISA : 20年

※ロールオーバーについては、後ほど解説します。

非課税の投資枠

  • NISA:年間120万円
  • つみたてNISA:年間40万円

一般NISAでは年間120万円、つみたてNISAは年間40万円まで投資できます。

ある程度の投資経験者は投資額多い一般NISA、少額からコツコツ長期投資したい方にはつみたてNISAがおすすめですよ。

後述しますが、一般NISAの方が投資できる金融商品の種類も多いです。

投資ができる期間

  • NISA:〜2023年
  • つみたてNISA:〜2037年

一般NISAは2023年、つみたてNISAは2037年まで投資できます。

ロールオーバーの可否

  • NISA:可
  • つみたてNISA:不可

ロールオーバーとは、簡単に説明すると非課税期間が延長できる仕組みのこと。

一般NISAは最大で10年まで非課税期間を延長できますが、つみたてNISAではできません。

投資対象商品

一般NISAは投資対象商品の種類が多く、投資に精通している方には大変自由度が高いことが特徴です。

一方、投資初心者の悩みのタネである「多すぎて選べない!」という方には、つみたてNISAは選択肢が少ない分、そのストレスも軽減されるかと思います。

上記の内容を踏まえると、既に投資に慣れていて株の個別銘柄なども選定できる人は通常のNISAなるべく手間をかけずに長期的にコツコツ運用したい人はつみたてNISAがおすすめですよ。

NISA・つみたてNISAのおすすめ銘柄(投資信託)

私はつみたてNISAを選択し、主に下記3銘柄で積み立て投資をしています。

  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

ただ、上記の銘柄で均等に積み立てるとわりとハイリスク・ハイリターン(=株式の割合が高い)になってしまうので、もしなるべくリスクを抑えて運用したい場合はeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)のように債券などにも分散投資してくれる銘柄を中心に積み立てるのがおすすめです。

NISA口座でおすすめの証券会社 TOP5

NISAで取引をするには、専用の口座が必要です。以下、おすすめの口座を5つ紹介します!

楽天証券の口座開設

楽天証券なら、楽天スーパーポイントでの投資も可能。

楽天カードからの引き落としで投資すればポイントが貯まりやすく、貯まったポイントをさらにNISA口座へまわすこともできます。

特に積立投資では、この楽天カードと楽天スーパーポイントの合わせ技がジワジワ効果を発揮してくるのでめっちゃおすすめ!

私は迷う余地もなく、楽天証券でつみたてNISAを使い続けています。

SBI証券の評判

SBI証券もNISA以外にあらゆる投資を扱っていおり、iDeCoのラインナップも充実していておすすめですよ。

私はNISA口座は楽天証券を利用していますが、iDeCoはSBI証券というように使い分けています。

GMOクリック証券とは

GMOクリック証券はNISAだけでなく、株式やFXなどあらゆる投資で定評のある証券会社。

ちなみに、テレビCMには新垣結衣さんを起用しています。

知名度はSBI証券などには劣るものの、マネックス証券も使いやすくておすすめですよ。

DMM.com証券のDMM株でも、NISA以外に色んな投資ができます。株式の取引コストに関しては、業界トップクラスで安いです。

NISAのお役立ち情報サイト

NISAについてもっと詳しく知りたいのなら、日本証券業協会の「みんなにいいさ!NISAがいいさ!!」がおすすめです。

ダジャレっぽい名前のサイトですが、NISAの仕組みについて詳しく解説してくれています。

トップページ「みんなにいいさ!NISAがいいさ!!」|日本証券業協会
みんなにいいさ!|NISAとは、2014年1月から導入された「少額投資非課税制度」です。
タイトルとURLをコピーしました