じぶんの積立(明治安田生命)のデメリットは?実際に加入してみた!

じぶんの積立

節税になって元本割れナシ!加入しないとむしろ損!」…なんて評判上々なじぶんの積立(明治安田生命)ですが、実際のところデメリットはないのか心配になっちゃいますよね。

実際に加入してみて感じたメリット・デメリットを紹介します

じぶんの積立の長所・メリット

  • 生命保険料控除の対象で節税になる
  • 短期解約でも元本割れしない

生命保険料控除の対象で節税になる

じぶんの積立は生命保険料控除の対象のため、うまく活用することで節税することができます。

新生命保険料控除

出典:国税庁

生命保険料控除(新制度)には一般生命保険料控除・介護医療保険料控除・個人年金保険料控除の3種類があるのですが、じぶんの積立は一般生命保険料控除の対象です。

他の保険の加入状況にもよるのですが、月掛保険料を5,000円もしくは10,000円にすると節税効果が最大限に得られます

じぶんの積立では月掛保険料を5,000円〜20,000円の範囲で5,000円刻みで設定できます。

短期解約でも元本割れしない

これ、若者には特に嬉しいポイントだと思うのですが、じぶんの積立は短期間で解約しても元本割れしません。いつ解約しても受取率・返戻率が100%以上です。

個人年金などの場合は数年で解約してしまうと返戻率がめちゃくちゃ下がって損をしてしまうのですが、じぶんの積立ならその心配もありません

そのため、「加入したいけど、ずっと払い続けられるか不安…」という人でも安心して加入できます。

保険料払込期間は5年、保険期間は10年。返戻率(2020年3月1日現在)は下記の通りです。

  • 5年…100.0%
  • 7年…101.3%
  • 10年…103.0%

10年経てば103.0%が受け取れるので、普通預金に寝かせておくよりも断然お得ですね。

なお、「多少のリスクを取ってでも、もうちょっと増えたら嬉しいなぁ〜」という方には、節税しながら老後資金が貯められるiDeCo(イデコ)を活用するのもおすすめです。

じぶんの積立の短所・デメリット

  • 加入には面談が必要
  • 面談時に勧誘される可能性も?

加入には面談が必要

じぶんの積立に加入するためには、明治安田生命の担当者と面談しなければなりません

一応、事前に電話で「このご時世ですし、パソコンでリモート面談とかじゃダメですか…?」なんて聞いてみたのですが、やはり対面でないとダメとのことでした。

他の保険の勧誘を受ける可能性も?

「もしかして、他の保険の営業とかもされちゃうのかな…」なんてビクビクしながら面談に臨んだのですが、勧誘などは一切なく超平和に終了。お菓子などのお土産までいただいてしまいました。

私の場合は一切勧誘がなかったものの、これから面談する方は念のため覚悟しておいた方がいいでしょう

だってこのじぶんの積立、明治安田生命側からしたら全然儲からない保険ですから。おそらくこの保険を入り口にして、いずれは他の保険に加入してもらうことを目的としているのだと考えられます。

じぶんの積立の評判・口コミ

ここで、じぶんの積立の評判・口コミを確認してみましょう。

(※年間の節税額は、月掛保険料や所得などの条件によって異なります。)

資産形成という観点では、この方のようにつみたてNISA確定拠出年金(イデコ)も併用するのがおすすめです

じぶんの積立の評判を見ていると、JA共済のライフロードと迷ったり同時加入している方も多いみたいですね。

ただ、ライフロードは個人年金のため、短期での解約だと大幅に元本割れしてしまいます。

まずはじぶんの積立に加入し、まだ余裕がある場合はライフロードで個人年金保険料控除を狙うという手順がおすすめですよ。

じぶんの積立 よくあるQ&A

Q. 保険料はクレジットカードで払える?

A. じぶんの積立に関しては、クレジットカード払いはできません。

  1. 口座振替でなく送金扱いに変更
  2. nanacoにクレジットチャージ
  3. セブン-イレブンにてnanacoで支払う

上記のステップを踏めば一応クレジットカードのポイントは貯まるのですが、nanaco自体が改悪に改悪を重ねているため、この方法もそのうち使えなくなる可能性があります。

Q. 類似商品ってある?

A.今のところ類似商品はありませんし、おそらく今後も出てくることはないでしょう。

前述の通り、保険会社からしたら全く儲からない商品のため、じぶんの積立でさえそのうち販売停止になっちゃうのでは…?と思います。

じぶんの積立 まとめ

  • 節税できる(月5,000円もしくは10,000円がおすすめ)
  • 短期解約でも元本割れしない(ライフロードは元本割れの可能性あり)
  • 加入には面談が必要(郵送・ネットだけでは加入不可)
  • 面談時に勧誘される可能性も(私の場合は一切なかった)

保険料率などが変更となっている可能性もありますので、じぶんの積立に加入する際は事前に必ず公式サイトで最新情報を確認してみてくださいね。

その他、節税に関する情報は「節税テクニック11種類!サラリーマン・個人事業主・公務員もOK」をご覧ください。じぶんの積立よりも手軽にできる節税方法なども紹介しています。

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました