ソーシャルレンディングは危ない?評判は?リスクやデメリットも解説

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)とは、インターネットを通じて私たち投資家と資金が必要な事業者を結びつけるサービスのこと。

クラウドファンディングの一種で、ソーシャルレンディング運営会社が投資家から資金を集め、その資金を事業者に貸付け、その後利息と元本を回収して投資家に還元する仕組みです。

新しい投資方法として注目されており、市場がどんどん拡大してきているんですよ。

ソーシャルレンディングのメリット・デメリットおすすめ運営会社も紹介します!

ソーシャルレンディングの特徴・メリット

3~10%ほどの高い利回りが期待できる

利回りが高い金融商品

ソーシャルレンディングの利回りは、他の投資と比較しても高めに設定されています。

具体的な利回りは、運営会社やファンドによって異なりますが、おおよそ3~10%ほどの利回りが目標設定されています。

メガバンクの普通預金では0.001%ほどの金利しかつきませんが、ソーシャルレンディングでは1万倍の利回りを目指すこともできちゃいます。

少額OK!1万円から始められる

株式投資などでは最低でも数十万円単位の資金が必要ですが、多くのソーシャルレンディングでは1万円ほどの少額から投資できます

そのため私たち投資家は、色んなプロジェクトに投資してリスク分散をすることもできるんですよ。

どんな投資でもそうなのですが、ひとつの投資対象に絞るとそれだけリスクが高まります。

株式などで分散投資をしようとすると数百万円ほどに必要資金が膨れ上がってしまいますが、ソーシャルレンディングでは数万円程度で分散投資ができるため、少額から投資を始めたい人にはピッタリです。

投資の手続きもカンタン

ソーシャルレンディングの登録や申し込みは、いずれもパソコンやスマホでOKなのでとってもお手軽。

窓口などに出かける必要もないため、忙しい方でも簡単に始められます。

ソーシャルレンディングのリスク・デメリット

ソーシャルレンディングに限らずどんな投資でもそうですが、良い点ばかりではなくリスクやデメリットも存在します

途中で解約できない

株式やFXなどはいつでも簡単に売買できますが、ソーシャルレンディングでは基本的に投資家からの中途解約はできません。

最終期間が過ぎるまで資金は戻ってきませんので、計画的に投資する必要があります。

返済が遅れるリスクがある

事業者による返済が遅れると、私たち投資家の手元にお金が戻ってくる時期もその分遅れてしまいます。

こうしたリスクも考慮し、あくまで余剰金かつ計画に余裕を持って投資するよう心がけましょう。

貸し倒れや元本割れのリスクがある

ソーシャルレンディングでは、事業者からの返済が遅れるだけでなく、返済自体できなってしまう貸し倒れのリスクもあります。

多くの投資方法と同じく、ソーシャルレンディングでも元本の保証はないため、もし事業者が返済できない場合は私たち投資家の損失となります。

リスクの高さもプロジェクトによって異なってくるので、担保の確保がされているかなどを確認する必要があります。

また、なるべくリスクを抑えるには、クラウドファンディング運営会社の審査能力が非常に重要です

もしこれからクラウドファンディングを始めるのなら、安心して任せられる運営会社を選びましょう。

ソーシャルレンディングのおすすめ業者TOP6

現在ソーシャルレンディングの人気が爆発的に伸びているため、20社以上もの業者が取り扱っていますが、その中でもおすすめできるのは下記のような業者に限られています。

Crowd Bank(クラウドバンク)

クラウドバンクCM『待つ、資産運用』編

Crowd Bank(クラウドバンク)というソーシャルレンディングサービスでは、利回りが高いファンドを多く取り扱っており、2019年3月末の3年間での実績平均利回りはなんと6.99%

他のソーシャルレンディングでは期待値の利回りを宣伝していることが多いですが、クラウドバンクの場合は実績値かつ平均です。

2019年6月時点で、融資元本回収率100%貸し倒れ率0%を誇っています。

Funds(ファンズ)

Funds(ファンズ)

Funds(ファンズ)では、1.5〜6%の利回りが期待できるファンドを取り扱っています。

上場企業など高水準の審査をくぐり抜けた企業だけに貸付を行なっているため、安全性も比較的高くておすすめですよ。

ただ注意していただきたいのが、Fundsの運営会社はCROWDPORT(クラウドポート)というメディアを運営していて、ソーシャルレンディングについて調べていると度々目にするかと思います。

当然ながら、クラウドポートの記事内容はFunds推しの内容となっているため、鵜呑みにしないよう気をつけてくださいね。

OwnersBook(オーナーズブック)

OwnersBook(オーナーズブック)は、不動産に特化しているソーシャルレンディングサービスです。

案件は不動産投資のプロが厳選しており、不動産の評価は自社内の不動産鑑定士だけでなく、外部の不動産鑑定士などにも依頼して実施しています。

Crowdcredit(クラウドクレジット)

Crowdcredit(クラウドクレジット)は、海外に特化しているソーシャルレンディング運営会社で、北欧や東欧など世界中に資金を供給しています。

伊藤忠商事なども出資しているため、信頼性も高くておすすめです。

COOL(クール)

COOL(クール)は、国内の成長企業および在日外国人の支援に特化している運営会社。

2019年7月にサービスを開始したばかりのため、今なら魅力的なキャンペーンも開催中です。

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングは、SBI証券などと同じくSBIグループが運営しています。

過去には個人向けファンドで貸し倒れが発生しましたが、現在ではこの個人向けの融資からは撤退しています。

ソーシャルレンディング まとめ

ソーシャルレンディングは特定分野に特化したサービスも少なくないので、上手にリスク分散するためには複数のソーシャルレンディング会社を使い分けるのがおすすめです。

これから始めるのであれば、まずは上で紹介した運営会社で口座開設してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました