高配当とウワサの「米国株」とは?手数料が激安な証券会社も紹介!

米国株とは

株式と聞くと日本の株式を想像する方が多いかと思いますが、実は米国株式には知られざるメリットが多数あるのです!

もし「なんとなく」「投資してる人が多いから」という理由だけで日本株ばかりを保有しているなら、米国株についても知っておかないと損ですよ。

米国株とは?特徴やメリットは?

米国株とは、その名の通りアメリカ企業の株のこと。ニューヨーク証券取引所やナスダック(NASDAQ)、アメリカン証券取引所などが主な市場です。

アメリカには、アップルやアマゾンなど、革新的なアイデアで非常に高い成長率を誇っている企業が多々ありますよね。

米国株式では、このような企業に投資して、その高い成長率に見合うリターンが受け取れちゃうというわけです。

米国株と日本株の比較

作成:マネックス証券

日経平均株価とNYダウ平均株価の過去25年(1993年〜2018年)の変化率を比較すると、こんな感じ。米国株の方が圧倒的に上昇しています。

アメリカは年々人口が増加しており、また株主の利益を最優先する株主資本主義が根付いているのも、米国株が上昇し続けている要因となっています。

米国株は少額から投資できる

米国株の魅力のひとつは、少額からでも投資できること。

日本株では100株〜1000株単位でないと取引できないため、多額の資金が必要です。

一方、米国株では1株単位から買えるため、投資資金が少なくて始めることができます。

アメリカは連続増配を続けている企業が多い

日本の企業は、20年以上に渡り連続増配を続けている企業は3社だけ。

一方、米国には100社以上も存在するのです!

こうした長期的な安定感も、米国株の人気の理由となっています。

米国株の買い方・注文方法

米国株を買うには、主に2つ方法があります。

1つ目は、日本の証券会社で口座開設する方法。近年では、マネックス証券のように、米国株に力を入れまくっているネット証券会社もあります。

2つ目は、アメリカの証券会社で口座開設する方法。ただし、この方法だともちろん相当な英語力が必要ですし、アメリカと日本では税制などが異なるため、日本居住者では口座開設できない証券会社もあり、あまりおすすめできません。

これから米国株を取引するなら、米国株に力を入れているマネックス証券が最もおすすめです。

手数料が安い!米国株でおすすめの証券会社

米国株でお勧めのマネックス

マネックス証券は、米国株の取扱い銘柄数が日本国内でNo.1の証券会社。

海外の証券会社を買収したこともあり、米国株の銘柄数が圧倒的に多いです。

最低取引手数料が5米ドル→「無料」に!

…とまぁこれまでも米国株では人気の証券会社だったのですが、2019年7月に最低取引手数料が従来の5米ドルから無料へと変更されました。

こんなに手数料じゃ、マネックス証券側は全然儲からないのでは…?とこちらが心配になるレベルです。

米国株でお勧めの証券会社

…というか、米国株の取引手数料引き下げを発表した当日、実際にマネックス証券の社員さんにお話を伺いに行ったのですが、やはり利益度外視だとおっしゃっていました。

また、マネックス証券は米国のアフターマーケット(5:00〜10:00)の取引にも対応しているため、取引のチャンスも多くておすすめですよ。

お得に米国株が取引できるキャンペーンも開催中!

米国株キャンペーン

楽天証券SBI証券も米国株の手数料引き下げ合戦を繰り広げ始めたのですが、マネックス証券よりも断然銘柄数が少ないですし、キャンペーンなども特に開催していません。

マネックス証券なら、米国株の取引手数料を最大3万円キャッシュバックしてくれるキャンペーンも実施中!

さらに、対象ETFの米国株での取引手数料を全額キャッシュバックしてくれるキャンペーンも開催しているため、とってもお得に取引できておすすめです。

 マネックス証券SBI証券楽天証券

取り扱い銘柄数

(2019年5月7日時点)

3,403銘柄2,161銘柄2,077銘柄
株価表示リアルタイム遅延株価
(リアルタイムは有料)
遅延株価
(リアルタイムは有料)
スマホアプリありなしなし
時間外取引ありなしなし
注文時間帯ほぼ24時間

10:30頃~19:00、

19:30~翌朝6:00

15:00~翌朝6:00
注文の種類
  • 成行
  • 指値
  • 逆指値
  • ツイン指値
  • 連続
  • トレーリングストップ
  • 成行
  • 指値
  • 成行
  • 指値
注文有効期間90日15日90日

楽天証券やSBI証券は意地の張り合い的に手数料を下げてる感が満載ですが、マネックス証券は米国株への熱量がハンパないので、今後もどんどん好条件になっていくことでしょう。

もちろん、マネックス証券は投資信託も取り扱っているため、「どの銘柄を選んだらいいのか分からない」という場合は、ひとまず投資信託で米国株を保有してみるのもアリですよ。

タイトルとURLをコピーしました